デュポンライター 「カキーン」開閉時の反響音が鳴るモデルは?


デュポンライター 「カキーン」という音(動画)


やはり、この「音」がいいですよね!

 

デュポンライターの音は偶然の産物

デュポンのライターといえば、何と言っても、あの「音」が有名。
蓋を開閉したときの「カキーン」「キーン」という反響音。
あの音から伝わる高級感が、デュポンライターの大きな魅力の一つですよね。

よく、お客様からのお問い合わせでも、
「音は鳴りますか?」「音が悪かったら修理できますか?」
など、ご質問を頂くことがあります。

しかし、デュポン社が公式に発表しているように
デュポンライターの音(反響音)は、製品の品質として保証されません。

あくまでも、偶然の産物として音がなっているだけ。

あの「音」が出るデュポンのライターは
現在のところ、ギャッツビーとライン2というモデルです。

→ ギャッツビーモデル一覧はこちら
→ ライン2モデル一覧はこちら

 

この2つのモデルのライターなら、ほぼ「音」は鳴ります。
それでも、それぞれのライターごとに、「音」の響きは違います。

ギャッツビーとライン2なら、
これまでの経験上、全く音が出ないことはないと思います。
あとは、当たり、ハズレを楽しむくらいの気持ちがいいかも知れません。

 

なぜ、音が出るのか?音は出なくなることもある?

 

デュポン社がメーカーとして「音」を保証していないので、
なぜ、どういう仕組みで音が出ているのか?公式見解はありません。

蓋の裏側に使われている化粧板が、音に影響しているという噂もあります。
たしかに、化粧板を外すと、音が大きく変わることがあります。

しかし、化粧板がなくても音が鳴っているという人もいらっしゃるので
これだけが「音」の原因ではないようです。

また、使い続けているうちに音が変わってくる場合もあります。
音が良くなることもあるし、悪くなることもあります。

経験的には、限定モデルでかなり音が良いものが出ることがあります。

 

「音がいい」と評判の限定モデル「アンダルシア」

2003年度の限定モデル「アンダルシア」は、
ギャッツビーモデル、ライン2モデルが発売されましたが、
どちらもかなり「音がいい」という声を聞きました。

こういう限定モデル情報が出た時には、ぜひ逃さないようにしましょう。



モデル全体から選ぶ

ギャッツビー
かつて福山雅治さんがドラマで愛用していたことからも人気を博したギャッツビーモデル。手のひらに収まるコンパクトサイズで、デュポン特有の開閉音も鳴りやすい人気モデルです。

ギャッツビー一覧はこちら

ライン2
S.T Dupontのライターと言えば、ライン2モデルが定番です。やや縦長のフォルムが美しく、大人のライターとしての美しさが際立ちます。カキーンという開閉音が鳴りやすいモデルの1つです。

ライン2一覧はこちら


ライン8
-10℃から-40℃の気温下やフォース7の風の中など、アウトドアの極限の環境でも使用できる『デフィ エクストリーム』は世界一パワフルなライターです。ボディに硬質ポリウレタンバンパーを装着。

ライン8一覧はこちら

マキシジェット
S.T Dupontを代表するライター『LINE 2』のターボ式ライターが誕生しました。シガー用にふさわしい力強いトーチフレーム(バーナーフレーム)と、クラシカルなデザインとの組み合わせがモダンな印象を与えます。

マキシジェット一覧はこちら

デフィエクストリーム
S.T.Dupontのライターの中でも日常的な使用を想定して作られたライン8モデル。炎調整やガス充填などデュポンの特徴はそのままに大幅に軽量化。職人による組み立て、伝統的なノウハウに準拠した検査が課せられています。

デフィエクストリーム一覧はこちら

ライン2・トーチ
従来のS.T.Dupontのライターとは一線を画す斬新なフォルムを持つマキシジェット(Maxijet)モデルです。プッシュバーを押すと青いジェットフレーム(炎)が立ち上がります。

ライン2・トーチ一覧はこちら




デュポンライター 偽物の見分け方


著名人が愛用のライター