S.T.デュポンライター 選び方のポイント(コツ)、店長のお勧め

「デュポン・ライターの選び方について教えてください」と、ご質問を頂くことがあります。
特に、彼氏・旦那様などへプレゼントを考えている(デュポンのライターにあまり詳しくない)女性の方が多いかもしれません。

ここでは一番シンプル(と店長が思っている)デュポンのライターの選び方をご紹介します。

1.やっぱりデュポン!特有の「カキーン」という音が鳴るモデルを!
2.ライターの素材(シルバーメッキ、ゴールドメッキなど)で!

まず、デュポン特有のあの「カキーン」という開閉音が鳴るモデルは、ギャッツビー、ライン2だけです。
>> ギャッツビー一覧
>> ライン2一覧

ギャッツビーとライン2は、デュポンのライターでも、やはり最も人気も高いモデルです。
ざっくりしたイメージで言うと、ギャッツビーが少し小さくて、リーズナブルなものが多く、ライン2のほうがギャッツビーよりも、本体の高さが7ミリほど大きく、若干価格も高くなっています。

次に、素材・色をベースにして、デザインを見てみましょう。

デュポンのライターの素材として使われているのは「銀(シルバーメッキ)」「金(ゴールドッキ)」「パラジウム」「プラチナ」です。
また中には、ライターの一部に純正漆(うるし)が使われているモデルがあります。
( 漆工芸は、S.T.デュポンの歴史的にも意味がありますし、黒いデザインも非常にカッコイイです )

現在、プラチナのモデルは非常に少なく、まずは「銀(シルバーメッキ)」「金(ゴールドメッキ)」「パラジウム」の中から探すといいです。
「漆(うるし)」のモデルも、かなりいいアクセントになっていて、お勧めです(^^)

【素材=銀(シルバーメッキ)】 音の響きが美しく、リーズナブルな価格帯のライター

銀(シルバー)の特徴は、音の響きが良いこと。デュポン独特のあの開閉音を楽しみたい人にお勧めです(ただし、音はメーカーの保証対象外です)
また価格もリーズナブルですし、若い人がカジュアルに使いやすいと思います。

ギャッツビー(GATSBY) 18137

18137
ギャッツビー 18137
ギャッツビー 18137は、バーティカルラインが入ったシンプルなデザインがカッコイイモデルです。福山雅治さんがドラマで使っていたことでも有名で、「福山モデル」と呼ばれ、非常に人気が高いモデルです。

ライン2(LINE2) 16930

16930
ライン2 16930
ダイヤモンドカットとバーティカルラインが融合したモデルです。ギャッツビーよりも少し高さがあるライン2のスマートさが伝わりつつ、お洒落なモデルだと思います。

ギャッツビー(GATSBY) 18109

18109
ギャッツビー 18109
純正漆(うるし)を使ったモデル。漆の落ち着いた黒さが、デュポンの高級感をさらに増してくれています。若い人でも、年配の人でも似合うモデルだと思います。


【素材=金(ゴールド)】 太い音の響きと丈夫さ 大人のデュポンらしさが際立つライター

金(ゴールド)の特徴は、何と言っても、威厳ある美しさ。一流の大人が持つライターとしてのデュポンらしさを最も表していると思います。1段上の大人が使いたいライターです。また、金(ゴールド)は衝撃に強く丈夫です。

ライン2(LINE2) 16427

16427
ライン2 16427
ダイヤモンドカットとバーティカルラインが融合したモデルです。ギャッツビーよりも少し高さがあるライン2のスマートさが伝わりつつ、お洒落なモデルだと思います。

ライン2(LINE2) 16284

16284
ライン2 16284
ダイヤモンドカットがゴールドとマッチした、いかにもデュポンらしいモデルです。以前、織田裕二さんが愛用していたモデルの後継モデルです。

ライン2(LINE2) 16884

16884
ライン2 16884
純正漆(うるし)を使ったモデル。漆の落ち着いた黒さが、デュポンの高級感をさらに増してくれています。ビジネスシーンでも使いやすいモデルです。


【素材=パラジウム】 白金属系で美しいデザイン、お洒落な印象を与えるライター

パラジウムは、白金属系で非常に美しい色を見せてくれます。また、凝ったデザイン、お洒落なデザインのものが多いのも特徴です。デュポンの重厚感とは少し違うお洒落さを求めて手にしてもらいたいライターです。

ライン2(LINE2) 16066

16066
ライン2 16066
白金属の美しさとお洒落なデザインが多いパラジウム素材のライター。その中でも、ライン2 16066は、独特なダイヤモンドカットデザインが光る、デュポンライターで最もお洒落な代表格だと思います。

ライン2(LINE2) 16404

16404
ライン2 16404
パラジウムの特徴である白金属の美しい色が、ストレートに表現されているモデルです。芸能人のガクトさん愛用のライターの1つも、このモデルです。

ライン2(LINE2) 16396

16396
ライン2 16396
純正漆(うるし)を使ったモデル。漆の赤い色が鮮やかに映えています。女性にも似合いますし、男性が持っても一味違う魅力を発揮すると思います。



モデル全体から選ぶ

ギャッツビー
かつて福山雅治さんがドラマで愛用していたことからも人気を博したギャッツビーモデル。手のひらに収まるコンパクトサイズで、デュポン特有の開閉音も鳴りやすい人気モデルです。

ギャッツビー一覧はこちら

ライン2
S.T Dupontのライターと言えば、ライン2モデルが定番です。やや縦長のフォルムが美しく、大人のライターとしての美しさが際立ちます。カキーンという開閉音が鳴りやすいモデルの1つです。

ライン2一覧はこちら


ライン8
-10℃から-40℃の気温下やフォース7の風の中など、アウトドアの極限の環境でも使用できる『デフィ エクストリーム』は世界一パワフルなライターです。ボディに硬質ポリウレタンバンパーを装着。

ライン8一覧はこちら

マキシジェット
S.T Dupontを代表するライター『LINE 2』のターボ式ライターが誕生しました。シガー用にふさわしい力強いトーチフレーム(バーナーフレーム)と、クラシカルなデザインとの組み合わせがモダンな印象を与えます。

マキシジェット一覧はこちら

デフィエクストリーム
S.T.Dupontのライターの中でも日常的な使用を想定して作られたライン8モデル。炎調整やガス充填などデュポンの特徴はそのままに大幅に軽量化。職人による組み立て、伝統的なノウハウに準拠した検査が課せられています。

デフィエクストリーム一覧はこちら

ライン2・トーチ
従来のS.T.Dupontのライターとは一線を画す斬新なフォルムを持つマキシジェット(Maxijet)モデルです。プッシュバーを押すと青いジェットフレーム(炎)が立ち上がります。

ライン2・トーチ一覧はこちら



デュポンライター 偽物の見分け方



著名人が愛用のライター