ギャッツビーは、ライン2をコンパクトにしたモデル

 

ギャッツビーとライン2は、 デュポンのライターの中でも、最も有名なシリーズです。
また、ギャッツビーもライン2も、 デュポンのライター独特の「開閉音」が鳴るモデルとして知られています。
( 念のため、メーカーは公式に音を保証はしていませんが )

デュポンのライターはドラマなどでもよく使われますが、
やはりほとんどの場合、ギャッツビーかライン2が使われています。

 

 

 

 

歴史的には、ライン2→ギャッツビーという流れでリリースされました。

1950年代にライン1というシリーズで
デュポンのライターの歴史が、本格的に始まりました。

そのライン1をスリムで使いやすくしたものが、
ライン2(LINE2)というシリーズです。

その後、ライン1のラインナップは減っていき、
ライン2がデュポンライターの中心を担うようになりました。

 

そして、ギャッツビーというシリーズは、
そのライン2をさらにコンパクトにしたモデルとして、
1980年代に誕生しました。

どんどんコンパクトになっていくのは、
技術的な向上と、時代背景もあるのだと思います。

 

 

ギャッツビーとライン2は何が違うの?

 

では、具体的にギャッツビーはどのように、ライン2をコンパクトにしたのか?

というと、ガスタンクの容量を減らしています。
その結果、見た目のサイズとしては、 縦のサイズがコンパクトになっています。

・ギャッツビーのサイズ:37×56×11mm
・ライン2のサイズ  :37×62×11mm

 

ガスタンクの容量を減らしているので、
ギャッツビーのほうが、ガスの充填量が少なくなっています。

デュポンのライターで使うガスは、 シリーズ(モデル)ごとに異なりますが、
これは、ガスの容量に応じて種類がわかれているからです。

ギャッツビーは緑のガスリフィル、ライン2は金のガスリフィルになります。

ライター ガス・リフィル 使用方法 フリント
ライン2 ゴールド デュポン ガス・リフィル ゴールド ねじ込み式(使いきり) グレー
ギャッツビー グリーン デュポン ガス・リフィル グリーン

 

 

ガスタンクの容量以外に違いはないのか?というと、
基本的にその他部分は同じです。

そもそもギャッツビーは「ライン2をコンパクトに」
というコンセプトで作られたものなので、使用感も酷似しています。

重さは若干、ギャッツビーが軽いですが、 劇的に軽くなってはいません。
金属を削りだしてライターを作るという デュポン独自の製法は、ライン2もギャッツビーも同じです。

あと、金額的にはギャッツビーのほうがリーズナブルな価格帯になっています。
比較的若い人は、ギャッツビーを使っている人が多いかもしれません。
逆に、ドラマなどでお金持ちの役柄の人が、デュポンライターを使うシーンではライン2が多いですね。

 

 

ギャッツビーとライン2の違い~まとめ~

・ギャッツビーは、ライン2をコンパクトにしたもの
・ガスの容量が異なり、使用感、その他はほぼ同じ
・ギャッツビーのほうが、リーズナブルな価格帯

 

その他、細かい点で気になることがあれば、お気軽にご質問ください。


モデル全体から選ぶ

ギャッツビー
かつて福山雅治さんがドラマで愛用していたことからも人気を博したギャッツビーモデル。手のひらに収まるコンパクトサイズで、デュポン特有の開閉音も鳴りやすい人気モデルです。

ギャッツビー一覧はこちら

ライン2
S.T Dupontのライターと言えば、ライン2モデルが定番です。やや縦長のフォルムが美しく、大人のライターとしての美しさが際立ちます。カキーンという開閉音が鳴りやすいモデルの1つです。

ライン2一覧はこちら


ライン8
-10℃から-40℃の気温下やフォース7の風の中など、アウトドアの極限の環境でも使用できる『デフィ エクストリーム』は世界一パワフルなライターです。ボディに硬質ポリウレタンバンパーを装着。

ライン8一覧はこちら

マキシジェット
S.T Dupontを代表するライター『LINE 2』のターボ式ライターが誕生しました。シガー用にふさわしい力強いトーチフレーム(バーナーフレーム)と、クラシカルなデザインとの組み合わせがモダンな印象を与えます。

マキシジェット一覧はこちら

デフィエクストリーム
S.T.Dupontのライターの中でも日常的な使用を想定して作られたライン8モデル。炎調整やガス充填などデュポンの特徴はそのままに大幅に軽量化。職人による組み立て、伝統的なノウハウに準拠した検査が課せられています。

デフィエクストリーム一覧はこちら

ライン2・トーチ
従来のS.T.Dupontのライターとは一線を画す斬新なフォルムを持つマキシジェット(Maxijet)モデルです。プッシュバーを押すと青いジェットフレーム(炎)が立ち上がります。

ライン2・トーチ一覧はこちら




デュポンライター 偽物の見分け方


著名人が愛用のライター